エンゼルフィッシュと混泳魚の喧嘩を避ける方法

エンゼルフィッシュエンゼルフィッシュは基本的に温和で優しい性格の魚ですが、それでも同じ水槽で飼育できるものと出来ないものに分かれます。水槽のレイアウトとして色々な魚を共泳させるのも楽しいものですが、魚同士の相性も考えておきましょう。

まずエンゼルフィッシュは成長するとそれなりの大きさになる魚ですから小型の熱帯魚やヌマエビなどは食べてしまいますので、ネオンテトラやグッピーなどの小型の熱帯魚やヌマエビと一緒に飼育できるのは幼魚のうちだけと思って下さい。

逆にエンゼルフィッシュに危険が及ぶために同じ水槽に入れてはいけない魚がいます。
特に気をつけたいには「スマトラ」と呼ばれる種類で、名前の中に「スマトラ」が入っている魚は性質として長いひれに噛みついてボロボロに攻撃してしまう習性をもっています。

エンゼルフィッシュはどの種類も美しい長いひれを持っていてそれが特徴です。
その為、一緒の水槽に入れておけば確実に齧られてしまうので共泳には向きません。

他にエンゼルフィッシュよりも大きな身体になるものは襲われる可能性があるのでいけません。

また、コイ類やカラシンの仲間は性格が凶暴なので小型の魚おっとりとした性格のエンゼルフィッシュは襲われてしまいます。

しかしエンゼルフィッシュと共に水槽に入れておくと画面の調和が出来るため、熱帯魚飼育の上級者になれば上手く調整できるようになるようです。

ではエンゼルフィッシュと同じ水槽にしても構わない魚はというと、エンゼルフィッシュと同じく温和であまり攻撃性のないものがいいと言えます。

例えば底の方でゆったりとしているコリドラスや小さい種類のプレコ、そしてゆったりと水中を漂うグッピーもエンゼルフィッシュが大きくなるまでは相性が良く、グラミーという種類であればエンゼルフィッシュと同じく初心者にも飼育できる魚なので飼育には向いていると言えます。

これらの魚は一匹入れるだけでも画面が華やかになるのでおススメです。