エンゼルフィッシュの種類

エンゼルフィッシュは今や品種改良が勧められてかなり多くの種類が出回っています。
ですが、もちろんエンゼルフィッシュ特有の平べったい身体や上下に伸びたツノの様なひれは健在で、言うなれば色合いを変えた品種改良とも言えます。

しかしそれぞれには特性があるので、飼いやすい・飼いにくいがしっかりとわかっていないといけません。
図鑑などを見て気に入った種類が見つかったとしても飼育が難しかったり、なかなか販売しているお店を見つけられなかったり、そして一番はその個体の値段が驚くほど高かったりするので、下調べは慎重にしましょうね。

飼育されているエンゼルフィッシュの中でも最もポピュラーな種類と言えば、「並エンゼル」と呼ばれるごく一般的に販売されている身体に縞模様のあるエンゼルフィッシュです。

また、それと同じく「ゴールデンエンゼル」「マーブルエンゼル」と言った種類も非常に入手がしやすい上に水質やエサ、環境にそれほど神経質にならなくても生きられるので初心者の人にはお勧めな種類です。

また、「ダイヤモンドエンゼル」と呼ばれる種類は飼育そのものはし易く更に見た目も美しいのですが、繁殖を考えている場合は難易度がアップするのであまりお勧めはできません。
初心者では飼育が困難であろうという種類は「ベールテール」と呼ばれるもの。
この種類は名前の通りひれがベールの様に大きく長い為、水槽内の環境をしっかりと整えておかなければ直ぐに破れたりしてしまうため、非常にデリケートな種類です。

そして「ブラックエンゼル」や「ゼブラエンゼル」など身体に黒色が入っている種類は水質管理をしっかりと行わなければならないので初心者には少し難しいかもしれません。