エンゼルフィッシュは糞が多めなので水を汚しやすい魚です。

エンゼルフィッシュを飼育している人は知っていると思われますが、エンゼルフィッシュは普通の熱帯魚に比べてやや糞の量が多いのです。

その為、水が汚れてしまうので、今まで別の熱帯魚を飼育していた人がエンゼルフィッシュを飼育し始めると予想以上に水が汚れてしまうので驚いてしまうかもしれません。

「糞が多いだけならろ過装置もあるし、何の心配もいらないのでは?」と思われてしまうかもしれません。

しかし、糞が多いと濾過機の目詰まりの原因になりやすく、目詰まりに気付かないとろ過装置を通る水の量が激減しきちんとしたろ過をする事が出来なくなるので、どんどん水は汚れていってしまいます。

これは複数の濾過機を使ったり、少し大きめのろ過装置を準備するなどし、濾過を強化することで対応できます。

大型の熱帯魚用のろ過装置を使用する際にははエンゼルフィッシュ自体が吸い込まれてしまうわないように、必ず吸水口にストレーナーをつけるか、床全体に設置するタイプの底面ろ過装置につなぐなどの対応をするとよいでしょう。

濾過機に最初からついているスポンジは目詰まりしやすいので外し、セラミック製のろ材を使うようにしたほうがよいと思います。
底面濾過を使う場合も底砂の目詰まりに気をつけましょう。

ろ過装置は大きいほど値段が上がりますが、その分機能は良く、セラミック製のろ材も一度買えば買いかえることなくずっと使えるのでケチらずに購入することをおすすめします。
それぞれ濾過装置についてろ材についてを参考にして選ぶとよいでしょう。

エンゼルフィッシュに限らず水槽で飼育する動物は水が汚いと暮らしてはいけません。
その為、どんなに忙しくても、水槽の水が汚れない様に注意するのを忘れない様にしてください。

飼育の容易なエンゼルフィッシュですが、この点においては気をつけておかなければならない事になると思います。