ネオンテトラをショップで購入する場合は最初の選び方で決定的な違いが出る

ネオンテトラをショップで購入する場合は最初の選び方でネオンテトラを飼育し始めて長生きするかしないかが決定します。

なぜならば、ネオンテトラの様な小さな魚は、ショップでも水槽に多量に飼育している場合が多くその数に圧巻されてしっかりと観察が出来ないまま購入してしまうケースがあり、そうすると自宅に帰って水槽に移した時に初めて調子の悪いテトラだと気付く事も少なくはありません。

その場合は大抵返品交換はできないのでそのまましいくをしなければなりませんが、初心者であるならば調子の悪い状態から持ち直させるのは難しいかもしれません。

ネオンテトラを選ぶポイントとしては、ショップの水槽に居る量に押されず出来るだけ一匹一匹をしっかりと観察し、調子の悪そうな個体や、怪我や欠損のある個体が居ないかをチェックします。

もし一匹でもそんな個体が居るのならばそのショップでは購入しない方がいいかもしれません。

また、ネオンテトラは他の中型~大型の魚とは違って小さな幼魚を飼育するのが難しくもあります。

ですから出来るだけショップに居る大きな個体を選ぶのが良いでしょう。
基本的に生き物と言うのは小さな状態で購入するのが普通で、大きくなればなるほどその販売価値は下がるものです。

ですが小型の魚はある程度大きくないと長生きさせるのは難しいので、ショップで成長しすぎて値下げしている場合はブリーダーにとっては嬉しい誤算だと言えるでしょう。

もちろん、小さな個体しかいない場合はその中で元気が良い物を選ぶと良いでしょう。