水槽台について

ある程度大きな水槽を使ってアクアライフを楽しむために、水槽台選びは大切です。

強度が弱い棚等の上に置くのは危険ですし、倒れやすい台の上におくのもとても危険です。
また、直接床に置いていると、人があるいた時の振動などが伝わり、中の魚もストレスを感じてしまいますし、熱帯魚も綺麗に見えないので、60センチ以上の水槽では専用の水槽台があったほうが良いでしょう。

シックなインテリアにはスマートな水槽台。
ポップな部屋には明るい水槽台など、部屋の雰囲気にマッチした物を選ぶことができ、
大きさにも寄りますが5万円以下で買う事が出来る物が多いです。

水槽を載せる為の簡単なタイプ。そして、収納がたっぷり出来るキャビネットタイプも有ります。
キャビネットタイプは観音開きの様に、中が開けられる物や、引き出しタイプのものがあり、キャビネットが有るタイプの方が価格はアップする傾向が有ります。

熱帯魚の餌、予備のグッス、外部フィルター本など、熱帯魚に纏わる物をきちんと収納する事が出来るため、見た目にもすっきりします。

また通販で頼む場合には、組み立てタイプなのか、最初から組み立て済みの物なのか確認をしておく事が大切です。
組立タイプの場合には、自分で組み立てる事が出来る物なのか、きちんと確認をしておくと良いでしょう。