カテゴリー別アーカイブ: ネオンテトラの飼育

ネオンテトラやカージナルテトラにおすすめの餌、テトラネオン

DSC05747熱帯魚を飼育する上で必要不可欠なエサですが、飼育する魚によって向き不向きがあります。
たいていショップで売っている段階でのネオンテトラやカージナルテトラは、まだとても小さい身体をしているのでその口も大変小さい物になっています。

ですからエサもその口に合うものを与えなければなりません。
例えばタブレット状のエサは大きすぎて口に入れる事が出来ませんし、ある程度成長するまでは小型の顆粒状のものも食べにくい場合が多いです。

ふやけて食べられるようになったとしても水が確実に汚れてしまいますし、他の熱帯魚やヤマトヌマエビなどが一緒の場合は奪い合いに負けてしまいがちなので個体全部にエサを行き渡らせるのが難しくなりがちです。

また、熱帯魚の飼育に頻用されるフレーク状のエサなら食べやすそうではありますが、小さいうちのネオンテトラにとっては多少大きくて食べづらいものが多いように思いますので、細かいフレークタイプのものにすると簡単に食べてくれ、食いはとても良いです。
その為、飼育を始めるネオンテトラが小さいうちはエサは粒の小さな物を選びましょう。
近くで買えないようなら他のフレークタイプのものを細かくつぶしながら与えるなどしたほうがよいかもしれません。

また、小型の熱帯魚同士ならあまり問題ないと思いますが、他の熱帯魚と混泳している場合はその魚にエサを奪われてしまう可能性がありますので他の魚には先に沈むタイプを与え、その後で上部遊泳タイプのネオンテトラには水面に浮かぶタイプを与えると上手く対処する事ができる場合もあります。

以上を踏まえておすすめするのはテトラ (Tetra) ネオン 30g
でしょう。

また、与える量は食べきれる程度にしておくのがベストですが、初心者の人にはその見分けは付かないと思います。基本的な事は餌についてに記載した通りで問題ないと思いますが、初めは少量ずつ与えて行くのが良いでしょう。

ネオンテトラは多量飼いされる魚ですので、全体の様子を見ながら与え食べ残しが無いようにしてその量を調整できるようにしましょう。

そして基本的にネオンテトラはブラインシュリンプを除き、赤虫などの生き餌や動物性のエサ(肉系のもの)も口に入る大きさではないので食べるのは難しくなります。
やはり全体に行き渡らせる事が困難なので通常の小粒のエサをいっぺんに与えるようにするのが一番だと思います。


ネオンテトラなどの水槽サイズによる飼育数

ネオンテトラは基本的にはどんな大きさの水槽でも飼育する事が可能です。
元々の身体が小さな魚なので、とても小さい水槽だったとしても設備さえしっかりとしていれば飼育は可能です。

また、ネオンテトラはエンゼルフィッシュとは違って単体で飼育する様な熱帯魚ではなく、複数匹で飼育する魚ですので一度にたくさんの数を飼育したいと思ってしまうものです。

しかしその場合は水槽に見合った数を飼育する必要があります。

ネオンテトラだけでなく、熱帯魚を飼育する時には基本的にのびのびと泳げて窮屈にならない様に数を調整しましょう。
また、ネオンテトラと一緒に他の魚を飼育する場合も加味して考えましょう。

ネオンテトラを飼育する目安としては5リットルの水槽につき10匹程度だと考えて貰って構わないと思われます。

なので、そのまま10リットルなら20匹と換算しましょう。

30センチ水槽なら約20匹
60センチ水槽なら約120匹程度といったところでしょうか、
水槽の容量はこちらでご確認ください

基本的に水槽での繁殖は難しい魚ですので勝手に増えることは考えなくてもよいのですが、前述したように他の熱帯魚を飼育する場合はその分を差し引く必要があります。
これに関しては色々な魚の種類があるのでどれを基準にして説明するわけにはいきません。

ですので、ネオンテトラ一匹の大きさを参考に、同じくらいの大きさならば同じ数を差し引いて、ネオンテトラよりも大きいのであれば何倍なのかを考えて、その引数分を引き無理のない飼育を心がけましょう。

熱帯魚は少数で飼育したほうがストレスは少なくなるのですが、ネオンテトラは飼育方法によってはその基準以上の量を飼育でき、上級者によっては小さな水槽にかなりの量を飼育させて、発行を補助する蛍光灯を使用して数多くのネオンテトラを観賞するととても美しく見えます。