カテゴリー別アーカイブ: 水槽内に増えた貝の駆除

小さな貝(スネール)の駆除に貝を食べる魚、クラウンローチをおすすめする理由。

 

s-DSC00053水槽内に貝が増えて困っている方も多いと思います。

まずは水槽内に入れないことが大原則ですが、卵の状態や目に見えないような小さな貝が水草などについて水槽に入ってしまうことは多くの方が経験していると思います。

以前にもスネールをキラースネールや仕掛けを使ってまとめて駆除する方法を紹介しましたが、キラースネールはそれほど貝を探し回ってまで食べる印象ではないので多く増えた貝を減らすのにはそれなりの数が必要そうなのと、餌でまとめて駆除する方法では貝によってはあまり餌に寄ってこない場合もあります。

水槽内に水草が多い場合などは完全に手で取りきることは難しい場合もありますね。

貝を食べる魚としてはこちらのスカーレットジェムDSC01184 (1)を導入したことがあります。
実際はこの画像よりもきれいな赤いラインが入った熱帯魚で、あまり泳ぎ回らずおとなしくしていますので気に入っていたのですが、グッピーの稚魚を食べられてしまい隔離することになってしまいました。
そういうわけでどの程度のスネールイーターなのかは不明ですが、稚貝を食べるという事ですので、増えるのを防ぐことはできるかもしれません。

今回は魚やエビを食べないで貝をよく食べるというクラウンローチを導入しました。
まあエビを食べないといっても口に入れば食べてしまうでしょうけれど小さいクラウンローチなら小型のヌマエビと一緒でも多くの場合は問題ないようです(稚エビは食べるでしょうけれど)。

クラウンローチはおとなしいうえに貝をよく食べてくれるのは聞いていたのですが、最大では体調が30センチを超えてしまうので今までは導入の候補から外したのです。
しかし、水槽内で飼育している分には10センチ程度の大きさまでしか育たないことが多いといわれていますし、もしも大きくなっても90センチ水槽に数匹なら30センチの魚がいても問題はないと思うので導入に踏み切りました。

90センチ水槽には数種類のスネールがいて、カワニナの仲間のようなスネールも繁殖してしまっていたので2匹、30センチ水槽にも小型のスネールが繁殖していたので1匹導入です。

クラウンローチは貝を丸呑みするのではなく貝の中身を引き出して食べてしまいまう魚です。
見ていると遠くの貝を見つけて食べるわけではなく、鼻先にないと気づいていないようです。

導入した水槽ではあっさり食べるときもあれば、貝の中身を引き出すのに失敗して見失いかける姿も見まかけますが、失敗しても何度もつついて食べているようです。
現在のクラウンローチの体長は4センチ程度で、今のところ1センチくらいの大きさの貝はつついても食べられないようですが、2ミリ程度のスネールを食べているのをよく見るのでこれならいずれ貝は激減するでしょう。
ただ、もしもクラウンローチが大きくなったら小さめの石巻貝は危険でしょうね。

比較的臆病と言われているようで、普段は水草の陰に隠れていて姿を見せない事がおおいく、生きているのか不安になることも多かったのですが、貝は順調に減っているようで1週間しないうちにあまり小さな貝を見かけなくなりました。

それまではガラス面についていた小さな貝を毎日水槽を見る度に5匹くらいは駆除していたのに1週間もしないうちに貝を見かけない日もあるのですから、これは期待以上でした。

このように貝をどんどん食べるクラウンローチですが、カワニナのような蓋のあるタイプの貝は今のところ苦戦していて食べているのかわかりませんので、このタイプの貝の駆除に関しては今のところキラースネールに軍配が上がりますね。

水槽内のグッピーの稚魚や小型のエビたちも無事ですし、苔とり用に導入しているイシマキガイなども無事ですからもしも大きくなった時のことさえクリアできればかなりおすすめできる魚です。


熱帯魚水槽で勝手に増える貝(スネール)の駆除と対策

苔の対策などで水槽内に貝を入れる場合、淡水では増えないカノコ貝などを入れると良いと言うことを苔対策のページに書きましたが、淡水でもどんどん増える巻貝(スネール)が意図せずに水草などに混ざって水槽内に入ってしまう場合があります。

この場合も目立たない程度の数ならいいのですが、増えだすとものすごい勢いで増えるので、貝が増えすぎて底砂が隠れるほどの状態になったり、見た目に問題がでて困る場合があり、当然対策が必要になります。

数が少なければ、手で取り出す、つぶして魚の餌にするなどの方法で駆除すれば対処できます。
その他にとった対策を紹介します。

貝を食べる生物を導入する

貝を食べる生物はたくさんいますが、熱帯魚水槽に入れるには、他の魚や水草に悪影響を与えにくいものをえらばなければいけないので、キーラ―スネールと貝を食べる魚などをいくつか試してみました。

キラースネール

貝を食べる貝、キラースネール

実際に捕食しているところです。
それほど積極的にとは思えませんが、見つければ食べるので、入れておけば効果はあります。
このキラースネールも淡水で繁殖しますが、増える速度はとても遅く、大きめの貝は襲わないので、苔対策にキラースネールよりも大きめのカノコ貝などを入れていても問題はおきていません。

キラースネールは中身が飛び出して死んだように見えることがしばしばありますが、そのまま放置しておけばいつの間にか何事もなかったかのように移動を始めますのであわてて捨てたりしないように気を付けましょう。

スカーレットジェム

DSC01184 (1)
とても小さな魚で稚貝を食べるという情報を信じて導入しましたが問題発生。

画像のスカーレットジェムは1センチ程度の魚であまり泳ぎ回る魚ではないので油断してグッピーの稚魚と一緒にしておいたらいたら30分ほどの間にグッピーの稚魚はかなり食べらてしまいました。

結局稚貝を食べたかは確認できませんでしたのであまり期待はできないと思いますが、成長したら美しい赤い体色になりましたので、鑑賞用には良いと思います。

クラウンローチ

s-DSC00053
稚貝を食べてくれることと、他のエビや魚を襲わないのでこれはとてもお勧めできます。
ただ、大きくなることがあるので注意が必要です。
詳しくは貝(スネール)の駆除に貝を食べる魚、クラウンローチをおすすめする理由をご覧ください。

テナガエビ

直径1~2センチ程度の貝はテナガエビが飛びついて食べるのを何度も確認していますが、あまり小さな貝は食べませんでした。
注意しなくてはならないのは稚魚やヌマエビも襲うことです。

餌でおびき寄せて駆除する

スネールをまとめて捕まえる方法は、夜、ライトを消す直前に、プラケースなどに熱帯魚の餌を入れ、その上に少し砂をかぶせ、ゆっくりと水をいれ、水槽の底に置いておくと朝には貝がケースの中に集まっているのでごっそりと捕まえることができます。

この方法の欠点は、餌によってこない貝もいることと、魚も餌に寄って来るので、底砂を口に含んで餌を探す魚や、砂に潜ってかき回す貝の場合は使いにくいことです。
ライトを消した後に魚が寝ている間に行うと良いと思いますが、底砂を口に含む魚がいる場合は難しいかもしれません。