熱帯魚水槽に塩を入れる際の注意点

 

病気の治療などで、水槽に塩を入れる場合もありますが、私が水槽に塩を入れたのはプラナリアとヒドラの駆除のためです。
ご存知の方も多いと思いますが、どちらも駆除に手をやく生き物ですが、塩を塩分濃度0.6%にしてやると2日目には全く見られなくなりました。
この際飼育していた熱帯魚とエビ、水草には影響は全く見られませんでした。
ちなみに淡水魚でも1%までなら飼育可能だということですが、水草によっては枯れてしまうものもあるようです。

水槽に塩を入れる場合は、普通に投入すれば問題ありませんが、
気をつけなければならないのは、塩が直接触れた草は枯れてしまう場合がありますので、植物がある場合は少し離れたところに投入するようにすることと、
急激な変化を避けるため水流の少ないところに、数時間かけて数回に分けて投入するほうが良いと思います。
また、投入後しばらくは濾過バクテリアの働きが悪くなるため、コケなどが生えやすい状態になります。

塩分濃度の計算ですが、1リットルに10gの塩が溶けている状態が1%の塩分濃度になります。
例えば60リットルの水量の水槽を0.5パーセントの塩分濃度にしたい場合は
水60リットルに300gの塩が含まれた状態にすればよい事になります。

塩を投入するとグッピーとゴールデンハニドワーフグラミーが興味を持って寄ってきました。

余計な話ですが、水60リットルに塩を溶かして塩分濃度0.5パーセントにする場合は、現実的には300gを加えればOKですが、
数学の問題として考える場合には、60リットルの水の重さ60000gに食塩を300g投入すると、合計の重量が60300gになりますので、60300gの水に300グラムよりもわずかに多く溶かす必要があることになります。
計算方法は
1ml=1gですので、
60000ml×0.005=300ml
60000ml+300ml=60300ml
60300ml×0.005=301.51ml
301.5ml=301.5g
で301.5gの投入が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です