カテゴリー別アーカイブ: エンゼルフィッシュの飼育で困ったこと

エンゼルフィッシュは糞が多めなので水を汚しやすい魚です。

エンゼルフィッシュを飼育している人は知っていると思われますが、エンゼルフィッシュは普通の熱帯魚に比べてやや糞の量が多いのです。

その為、水が汚れてしまうので、今まで別の熱帯魚を飼育していた人がエンゼルフィッシュを飼育し始めると予想以上に水が汚れてしまうので驚いてしまうかもしれません。

「糞が多いだけならろ過装置もあるし、何の心配もいらないのでは?」と思われてしまうかもしれません。

しかし、糞が多いと濾過機の目詰まりの原因になりやすく、目詰まりに気付かないとろ過装置を通る水の量が激減しきちんとしたろ過をする事が出来なくなるので、どんどん水は汚れていってしまいます。

これは複数の濾過機を使ったり、少し大きめのろ過装置を準備するなどし、濾過を強化することで対応できます。

大型の熱帯魚用のろ過装置を使用する際にははエンゼルフィッシュ自体が吸い込まれてしまうわないように、必ず吸水口にストレーナーをつけるか、床全体に設置するタイプの底面ろ過装置につなぐなどの対応をするとよいでしょう。

濾過機に最初からついているスポンジは目詰まりしやすいので外し、セラミック製のろ材を使うようにしたほうがよいと思います。
底面濾過を使う場合も底砂の目詰まりに気をつけましょう。

ろ過装置は大きいほど値段が上がりますが、その分機能は良く、セラミック製のろ材も一度買えば買いかえることなくずっと使えるのでケチらずに購入することをおすすめします。
それぞれ濾過装置についてろ材についてを参考にして選ぶとよいでしょう。

エンゼルフィッシュに限らず水槽で飼育する動物は水が汚いと暮らしてはいけません。
その為、どんなに忙しくても、水槽の水が汚れない様に注意するのを忘れない様にしてください。

飼育の容易なエンゼルフィッシュですが、この点においては気をつけておかなければならない事になると思います。


熱帯魚を連れて引越しをする方法

 

今回からエンゼルフィッシュの飼育で困ったことをお伝えしていこうと思います。

エンゼルフィッシュを飼育してきて困ったことと言えば、やはり引っ越しをする際の事です。
引っ越しを機に熱帯魚の飼育をやめてしまう人もいるようですが、引っ越しをする際は、地上に暮らすペットとは違いそのまま連れて行く事ができないので、かなり気を使わなければなりません。

元々熱帯魚を始めとする水棲動物は移動をさせるだけでも手間のかかる動物ですが、身体の小さい熱帯魚になると、その難易度はさらに上がります。
小型の熱帯魚であれば数匹~10匹程度ずつ袋に空気と共に詰めればある程度の移動は耐える事が出来ますが、エンゼルフィッシュになるとそうはいきません。

元々身体の薄く、安定感の少ない魚ですので、ちょっとした揺れで起こった波にも翻弄されてしまいもストレスが溜まってしまいます。
また、エンゼルフィッシュの特徴でもある長いひれが引っ越しの時にはネックになり、他の魚の様に複数匹での袋詰めをするとそのひれが原因で他の魚を傷つけてしまったり、自分のひれが傷ついてしまいます。

ですから、基本的にはエンゼルフィッシュを移動させる際には一匹ずつが望ましいのですが、そうすると今度は袋がかさばってしまうので、持ち運びには苦労します。

また、それ以上に飼育している水槽や、その周辺装置なども解体して梱包しなければなりませんし、どうにか引っ越したとしても新居で新しく水槽を立ち上げなければなりませんので、魚と一緒に引っ越すのは大変労力の掛る作業だと言う事がわかります。

DSC05726
グッピーなどはまとめても平気ですが、エンゼルフィッシュは1匹ずつ袋に入れておくと安心です。
DSC05723
二つの袋をさらに大きな袋に入れてまとめて、アルミシートなどで包んだり発布スチロールの容器おくと水温の急激な変化も少なくて済みます。

袋詰めのポイントは満水にすると酸欠を起こしやすくなりますので、袋の中に十分に空気を残しておくことです。

無事に引っ越した後もショップから購入したばかりと同じように水合わせをしなければなりませんので他の引っ越しの片づけなどとも相まってかなりこまったことがありますが、水槽の水を半分以上持っていくとその手間は省けますね。